プロフィール

tigerbambi5

Author:tigerbambi5
(チャミペン)サスム&(ユノペン)ホランイです。
東方神起ユノとチャンミン2人の応援をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご挨拶 (1)
ピミル (96)
君に逢いたくて (67)
家庭教師 (50)
イケメン。 (5)
フラワー (40)
新選組 (10)
いちご組 シム チャンミン (6)
SS (30)
拍手コメントお返事 (7)
雑記 (19)
Garden Of Eden (12)
長崎ちゃんみん (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東方神起サランへ♡2人の妄想小説です。時々、R18有り。
長崎ちゃんみん  6カップ目
長崎ちゃんみん 6カップ目
長崎ちゃんみん 6カップ目








チャンミンに電話をしなかった翌日、チャンミンから電話がかかってきた。


「もしもし、ユノヒョン?」

「おー」

「昨日、珍しく電話くれませんでしたね」

「おー」

「、、、なんか怒ってます?」

「何で?」

「昨日事務所でシウォニヒョンに会いましたよね?」

「ああ。会ったけど」

「昨日僕は、、、」

「別にそんなことどーでもいいし。オフに誰と何しようが、俺もお前も自由だろ?」

「いや、僕は、、」

「何?わざわざ電話してきてそんな話?」


いやいや、そんなつもりじゃない。
本当はチャンミンが電話してきてくれて嬉しい筈なのに、何故か口は辛辣にものを言い、止めどない。


「ユノヒョンやっぱり怒ってる」

「は?お前しつこいぞ」

「僕の言い分は聞きたくない?」

「怒ってないんだから、聞く必要ないだろ?」




結局、最悪の状態で電話は切れ、激しい自己嫌悪に陥った。
喧嘩なんて日常茶飯事だが、会えない状況では正直キツイ。
俺だけが会いたいだなんて気に入らないし、ヒョンなのに嫉妬だなんてかっこ悪い。
どうしようもなく器が小さい自分に嫌気がさすが、どうにもならなくてもどかしい。
俺は久しくないほど落ち込んで、だらりとベッドに横たわった。
みんなのユノだが、チャンミンだけのユノでいたい時もあるのだと、口には決してすることのない想いに胸を焦がした。



「ちゃんみ〜〜ん」



ごろりと横たわり、例のカップ麺に手を伸ばした。
いけない。
これ以上はマジで駄目。
そう思いつつ、ぼんやりと派手なパッケージを眺めた。
するとパリッと小さな音がして、蓋に開いた小さな穴から、小さな小さなちゃんみんが顔を出した。


「ユノ。お湯」



それは可愛い可愛い、いつものちゃんみん、、、のはずなのに、何かが違う気がした。
ヘリウムガスを飲んだような声が、なんだかやけに艶っぽい。


「ユノ。お湯。早く」


絶対ヤバい。
そんな気がして両手で口を塞ぎ懸命に首を振ると、チッ、とあからさまな舌打ちが聞こえ、目の前が暗くなった。


「会いたかったんだろー?俺に」


目の前に、なぜか大きなチャンミンが現れて、その驚きったらなかった。
俺の瞳孔は開いちゃってたかもしんない。
頭の中は真っ白で、開いた口が塞がらない。
パッサパサな髪とパリパリの顔、、、いや、むしろ全身がガサガサのパリパリで眼球までカラッカラだ。
そんなちゃんみんが、乗り掛かって、真っ直ぐに俺を見つめている。


「ちゃ、ちゃんみん、カッサカサじゃん、、、大丈夫?」


チャンミンの大きさ云々よりも、そのパサパサ加減が心配すぎる。
するとパリパリのチャンミンはもう一度、怒ったように言った。


「だから、おー湯!!」


仕方なくお湯を貰いに行き、カサカサのチャンミンに熱々のお湯をぶっ掛けた。
そしてチャンミンの指示で、かやくとシーズニングを頭にパラパラとかけてやると、あっと言う間にツヤツヤ、もちもちなチャンミンが出来上がり、生意気な顔で俺を上から見下ろしてきた。
等身大のビッグサイズなチャンミンだ。
ふぅ。とため息をつきながら前髪を搔き上げるチャンミンに、つい胸が高鳴る。
思わずあっと声を上げてしまった。


ちゃ、ちゃんみんかっこいい♡


俺は、ちゃんみんのこのビジュアルが大好きなのだ。
例えるならばTREEなチャンミン。
大きくて包み込んでくれる感じもきゅんとくるし、セット前のモジャモジャ頭も愛らしくていい。
何より、スタミナのおばけと化したちゃんみんに、夜毎たっぷりと愛されたあの幸せは、今でも忘れられない思い出なのだ。
つやつや、エロエロな全裸チャンミンを前に、頰がカッと熱くなり、目をそらした。


「チャ、チャンミン熱くないのか?」


チャンミンは何も答えずに近づいて、俺を覗き込んだ。


「試してみ?」


唇が触れる0コンマ3秒前、たまらずギュッと目を閉じた。








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:二次創作(BL) - ジャンル:小説・文学

【2017/09/13 17:00】 | 長崎ちゃんみん | Comment(4) |
<<長崎ちゃんみん ラストカップ * Home * 長崎ちゃんみん 5カップ目>>
Comment
スタミナえろえろ全裸チャンミン、カモーーン!
【2017/09/14 02:25】 URL | 723621mam #-[ 編集]
TREEのチャンミン、エロいですよね?
大好きなんです♡
あはは♡
【2017/09/14 10:50】 URL | ホランイ #-[ 編集]
なんでデッカくなってんのぉ〜ヽ(;▽;)ノ💕 ちゃんと出るの⁈ ←なにが
【2017/09/14 14:52】 URL | 鈴子 #-[ 編集]
ちゃんと出ます♡←何が?ww
【2017/09/14 16:37】 URL | ホランイ #-[ 編集]
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

Home*