プロフィール

tigerbambi5

Author:tigerbambi5
(チャミペン)サスム&(ユノペン)ホランイです。
東方神起ユノとチャンミン2人の応援をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ご挨拶 (1)
ピミル (96)
君に逢いたくて (67)
家庭教師 (50)
イケメン。 (5)
フラワー (40)
新選組 (10)
いちご組 シム チャンミン (6)
SS (30)
拍手コメントお返事 (7)
雑記 (20)
Garden Of Eden (12)
長崎ちゃんみん (7)
虹を渡る (33)
家庭教師NEO (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東方神起サランへ♡2人の妄想小説です。時々、R18有り。
長崎ちゃんみん  5カップ目
長崎ちゃんみん 5カップ目



長崎チャンミン 5カップ目






今日はオフ日。
かといって本業の打ち合わせやらなにやらで普段以上に忙しく、事務所に詰めて、打ち合わせの合間にピザをつまんでいた。
するとその時、ふとこんな事が頭を過ぎった。


もうじき転役か、、。
大変だったけど、楽しかったなぁ。


ピザをもぐもぐしながら感傷に浸っていると、偶然事務所に居合わせたシウォンに声をかけられた。


「ユノヒョン、久しぶり」

「お、シウォン。、、、あれ?今日休暇?」


義務警察に服務中のはずのシウォンだが、以前と変わらずいつ会っても平均点以上のビジュアルを保っているため、俺の頭はしばしば混乱させられてしまう。
今日のシウォンの芸能人オーラも半端じゃない。


「ええ。チャンミンもですよ?って知ってるか。キュヒョンとドンへと飯食いに行って。俺は仕事で抜けて来たんですけどね。あれ?ユノヒョンも休暇なら、来れば良かったのに」

「いや、俺仕事入ってて」


え?チャンミン今日オフなの??
そんなの聞いてないし。


「あー、そっか。ユノヒョンもうじき転役ですもんね。忙しいですよね」

「おー、、、」


昨日電話したのに、チャンミンは何も言ってなかったよな?


「オフまで仕事とか、さすがユノヒョンだなぁ」

「お前だって仕事じゃん」

「この後ちょっと野暮用で。仕事は口実。あ、ユノヒョンこれ内緒にしてくださいね?」

「おー。程々にな」


誘われれば、例え仕事でも顔くらい出したのに。
最近ずっと会ってないのに。
チャンミン、ちょっと冷たくないか?


「じゃ、ユノヒョンお疲れっす」

「おー。またな」


そして俺はたかたが1分程度の会話で、完全に不貞腐れていた。








その夜、兵舎に戻った俺は寂しさのあまり、また小さなチャンミンに手を伸ばした。


「お前こんな時間に食うのかよー。デブ真っしぐらじゃねーかー」

「いいんだ。もうデブったって。どうせ俺なんか」

「なんだよー、拗ねたデブとか救いようがねーしー」

「なんだよ、お前まで、、、」


俺は、左手の銀の箸をテーブルに置いた。
ただ優しくしてほしい。そんな俺の気持ちは予想どおり裏切られ、なんだかとてつもなく悲しくなってしまった。
俺が黙って俯いていると、小さなチャンミンはナルトの上に胡座をかいて座り、さぁ話してみろ。と言わんばかりの空気を醸してきた。
誰もいない食堂に一人座っている俺と、もくもくと湯気を立てている小さなチャンミン。
俺は、ついにチャンポン相手に恋人の愚痴をこぼし始めた。





心の澱を思う存分吐き出した俺は、静かな心で小さなチャンミンを見つめた。
しばしの沈黙の後、小さなチャンミンは突如麺を掴んでふうふうし始めた。


「おい、口開けろ」

「食欲なんてない、、、」

「いいから食え。ふうふうしてやる」


チャンミンは、既に大分冷めている麺を更にふうふうして、精一杯高く掲げた。
カップ麺の淵に立ち、背伸びして俺を待つそのいじらしい姿に、ついつい口を開けてしまう。


「よいしょっ、よいしょっ!」


チャンミンは懸命に俺の口の中へと麺を運ぶ。
ふうふうしては運び、またふうふうして。
そんなチャンミンに、胸がなにやら妙なビートを踏み出し始めた。


ドキドキ、ごっくん。
ドキドキ、ごっくん。


「ありがとう。チャンミン」


チャンポンがほとんど空になった頃、ポツリとそう呟くと、チャンミンは額の汁だか汗だかわからぬものを手で拭い、ふうとため息をついた。


「俺がいるんだし、、、」

「え?」

「ユノには、俺がいるんだし」


カップ麺の淵に仁王立ちの小さなチャンミンは、真っ直ぐな瞳を寄越し、いつものあの歌を唄いながら、口の中へと消えて行った。


ちっちゃいチャンミンが、俺のことユノって呼んだ、、、。


こんなに胸が熱いのは、熱いチャンポンのせいか?それとも小さなチャンミンのせいなのか?
その晩の俺が、大きなチャンミンに電話をかける事はなかった。








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:二次創作(BL) - ジャンル:小説・文学

【2017/09/12 17:00】 | 長崎ちゃんみん | Comment(4) |
<<長崎ちゃんみん 6カップ目 * Home * 長崎ちゃんみん 4カップ目>>
Comment
素っ裸で胡座とか仁王立ちとか、ほんと堪忍して、、、
ってそれより、カップ麺無くなっちゃったらどーするのぅ?
大きなチャンミンを食べちゃうのぅ?
【2017/09/12 17:10】 URL | 723621mam #-[ 編集]
ああ〜、いいところに気がつきましたね。
そう、カップ麺はせいぜい1ダース。
てか、残り2話ですからね。
どう決着するか、乞うご期待!
【2017/09/12 18:03】 URL | ホランイ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/09/14 15:07】 | #[ 編集]
もはや人間ドックか⁈ww
【2017/09/14 16:39】 URL | ホランイ #-[ 編集]
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

Home*