プロフィール

tigerbambi5

Author:tigerbambi5
(チャミペン)サスム&(ユノペン)ホランイです。
東方神起ユノとチャンミン2人の応援をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご挨拶 (1)
ピミル (96)
君に逢いたくて (67)
家庭教師 (50)
イケメン。 (5)
フラワー (40)
新選組 (10)
いちご組 シム チャンミン (6)
SS (30)
拍手コメントお返事 (7)
雑記 (19)
Garden Of Eden (12)
長崎ちゃんみん (7)
虹を渡る (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東方神起サランへ♡2人の妄想小説です。時々、R18有り。
ハッテントイレ 2〜貴方の心をホミホミします〜企画
ハッテントイレ 2〜貴方の心をホミホミします〜企画
この作品は〜貴方の心をホミホミします〜企画に参加させて頂いております。

大人な内容となっていますので、何卒ご容赦下さいませm(_ _)m








ハッテントイレ ②









僕達の出会いは、ユノが大学四年生で、僕が一年生の春。新歓コンパという名の飲み会だった。

酒の飲み方も碌々知らない僕は、自分のキャパも考えず、勧められるが儘飲んだ。

酔っ払って夢心地な僕は、気づくと見知らぬホテルのベッドで、ユノにキスをされていて。そのキスがあまりにも気持ち良くて。僕は嫌がるどころか、自ら舌を絡めた。





その日、僕は、男と初めてSEXをした。





僕に男を教えたのはユノだ。






それから、僕達は2人きりで会って、SEXをする仲になった。僕達は、性格もライフスタイルも全く異なる。ユノは社交的で、僕はどちらかといえば内向的だ。




僕達は磁石で言えばS極とN極。



異なる極性だから引力が発生した。



僕は、会えば会うほどユノを好きになって。



SEXをすればするほど、溺れていった。




だけど僕は人間で、磁石のように単純な物質ではなかった。男に目覚めてしまった自分を受け入れられずに、脳ミソの隅っこで引力を否定していた。



その為か、僕達の関係は、ひどく曖昧だった。
『恋人』『友達』『セフレ』どの言葉もしっくりしない。






だけど、そこに愛がなかったわけじゃない。






そんな曖昧な関係が終わったのは、ユノが大学を卒業して半年くらい経った頃だ。


環境が変わって、すれ違いが重なり、段々と連絡が疎遠になっていた。特に別れをお互いに言った覚えはない。元々、そんな線引きをしてない僕達だから言う必要もなかったのかもしれない。






深追いはしなかった。






これで良かったんだと、、、。










だけど僕は、今でもユノが好きだ。








僕は、この唇を拒めない。







誘うように唇を開いて、侵入してきた舌に絡ませる僕の舌は、まるで冬眠から目覚めた蛇のようだ。



「乗り気じゃん」

「、、、うるさい」

「変わんないな、そういうとこ」

「その言葉、そっくり返そうか?」

「悪いけど、俺は、変わったから」

「どこが?」

「知りたい?」

「じゃ、、、教えて」






挑発的に僕を覗き込むユノのネクタイをぐいっと引っ張り、今度は僕からキスを仕掛けた。





僕達は、絡み貪り合う2匹の若い蛇だ。





細胞が壊れそうなくらいに熱くて、僕の体は、その熱を逃がそうと息が上がっていく。



「興奮した?」


「、、、っ」




こんな厭らしいキスをして、興奮しない男がいるなら、むしろ教えて欲しい。




「もっと興奮することしよっか?」




公衆トイレの床に、脱ぎ捨てたコートやらマフラーが散らかっている。ガチャガチャと外されるベルトの音を聞きながら、ゼラチン質を思わせるユノの唇が、僕の首筋にねっとりと吸い付くと、僕は堪らなくて。




春の雨のように、そのキスを体中に浴びたくなる。




「めちゃくちゃ勃ってる。チャンミンって、こういう所でヤるの好きなの?」




ペニスを緩く扱きながら、僕を見るユノの瞳は、悪戯っぽく好奇心に溢れている。




「、、っ、そんな趣味あるわけない、、、、」




正直、戸惑った。
僕は頬が火照るのを感じながらしどろもどろに反抗した。




「ふーん、そうは見えないけど」




個室とはいえ、あのおっさんやスキンヘッドがまだ居て、外で僕達がおっ始めたのを聞いてるのかもしれない。そんなことが、興奮剤になるなんて、、、。






僕は、変態なのか?






いや、違う。一瞬過ぎった考えを払拭したくて、僕は脳ミソを左右にブンブン揺らした。



「チャンミン、楽しもうぜ」

「バカっ、誰がっ、、、っ、んっ」



いきなりパクッとユノが僕のペニスを食べた。ユノのフェラは極上過ぎて、こんな公衆トイレで僕は、喘いでしまいそうだった。だから僕は、首元で宙ぶらりんになっているネクタイを自ら、自分の口に突っ込んだ。




「おしりも触る?」

「んんんっ、んんんんんっ」




ダブル責めはやばい。僕はネクタイを咥えながら必死で拒否を訴えたが、呆気なく負けた。ユノは僕の右足から中途半端に残っていたパンツとズボンを外すと、その足を持ち上げ便器に置いた。



ペニスを咥えられながら、唾液で濡らした手を突っ込まれて。便器が、ガタガタ音を立てる。





僕の快感バロメーター。





気の遠くなるような恍惚感。









「ぁっ、ああっ、、んんっ」




ネクタイがポロリと口から逃げて行った。甘い毒に細胞が支配されて、ネクタイを噛み締めることも出来ない僕は腑抜けだ。




「っ、ぁぁ、、クソっ、っ、、イクっ」





最後に仰け反った僕は、個室の壁におもいっきり頭をぶつけ、体が崩れる。僕はぺシャリとトイレの床に座り込んだ。そんな僕のちょうど目の前に、テントを張ったユノの下半身。





僕はそれを見てユノとのSEXを想像する。興奮で瞼を閉じても瞳の奥が開けっ放しになっているようだった。僕の欲が沸沸と発酵する。







「気持ち良かった?」

「、、、、ユノ」

「なに?」

「僕も、変わったから」

「どこが?」

「知りたい?」




ユノが僕を立ち上がらせようと手を出した。僕はその手を掴んで言った。




「今から、ホテル行きませんか?」







僕は、冬眠から目覚めた蛇だ。















to be continued、、、、、













明日AM0:00、最終話となっております。
2人の発展を見届けて下さる方、お待ちしておりますm(_ _)m


サスム&ホランイ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:二次創作(BL) - ジャンル:小説・文学

【2017/02/13 00:00】 | SS | Comment(6) |
<<ハッテントイレ最終話〜貴方の心をホミホミします〜企画 * Home * ハッテントイレ 1〜貴方の心をホミホミします〜企画>>
Comment
サスムさん こんばんは〜🌛
昨日は ホランイさんと勘違いして
失礼しました(´;ω;`)ウッ…
れいさんに 教えて貰いました……(´;ω;`)ウッ…
そして コメみて……(´;ω;`)ウッ…

失礼しました🙏🙏🙏

今日は 蛇が冬眠から覚めましたね( ✧Д✧) カッ!!
🚻でチャンミン ユノに
パックンチョして貰って
あまりのテクに 天国にいった模様です((´∀`))ケラケラ

今まで眠ってた蛇が息を吹き返して
ホテルにGO!!ですね٩(๑>∀<๑)و♡やっほー🙌
楽しみ♡です( ✧Д✧) カッ!!

イメージは 今年のカレンダーの
草原の美少女チャンミンと
(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ‼っとアップの色気ムンムンユノ!!
って所でしょうか??Σ>―(*´Д`*)→グサリ
【2017/02/13 17:25】 URL | くみちゃん #-[ 編集]
くみちゃん、そんなの気にしないで下さいませ!!!私達は、コンビなので、どっちでも、ぶっちゃっけいいんです。
だいたい脳ミソは、、、。うん。同じレベルだと。たぶん。maybe。「お前の便所と一緒にするなっ」とホランイに怒られるかもしれませんが。笑。蛇、冬眠から覚めた模様です。ってか、便所で目覚めるのもどうかと思いますが。ははははっ。笑。
最終話、よかったら付き合って下さいませ♡カレンダー!むふふふふっ。いいっすね。妄想が止まらん!!!
【2017/02/13 20:44】 URL | サスム #-[ 編集]
サムス様ホランイ様
こんにちは&こんばんわ♪

(*ノωノ)キャー!!
シム様積極的!!
自ら、ホテルにGO!!
そのまま、ユノに乗っちゃって〜
って思いながら、トイレの床は汚いから
座っちゃダメ!ってミョーに冷静な私が居ました
(*''艸3`):;*。 プッ

最終回、待ってるよーん♡


ではでは

【2017/02/13 22:18】 URL | みか #pzpXCQig[ 編集]
ばんわ〜!!!!そうそうばっちいぞ、トイレ床は!!!!笑
まぁ、そんなのも気にならないくらい気持ち良かったらしいよ。シム。笑。
なんせ極上だから、ユノのフ◯ラは。笑、しかも、ダブル責め。腰砕けだな。きっと。むふふふ。変態は、私か?笑。
【2017/02/14 00:45】 URL | サスム #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/02/20 22:50】 | #[ 編集]
heaven。シュークリーム。イエイ。笑
ユノは、僕のもの♡ byチャンミン
【2017/02/23 22:56】 URL | サスム #-[ 編集]
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

Home*